↑本館は、こちら。
「絵板のマナー講座」の別館
管理人向けと訪問者向けの記述があるので、カテゴリーを選ぶと見やすいですよ。 移転検討中。

絵板のマナー 利用者編
...
...
... ... by 絵板のマナー講座

Lc.お勧めマナーサイト

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索
マナーの記事は雑記にもあります。

Lc.探しタグクラウド


Lc.ワードハイライト

Lc.ツリーリンク

RSSフィード

FC2カウンター
(2006.06.27~)

スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


画像への直接参照は自由?(著作権編) 管理人マナー 知識編
画像への直接参照(imgタグなどでの、ページへの埋め込み的参照)は自由という説・・・。
著作権という側面からは、「転載でなく参照だからOK」という主張があります。
・・・本当に、そうですか?

.
*** 技術論では、その通りですが ***

技術的には「転載」でなく「参照」でしょうね。

でも、人間の目に触れるのは、ほとんどがブラウザの画面なんです。
だから、人間がブラウザの画面で見たときにどう判断するかは、重要です。

「画像への参照だね」と思う人は、技術者的な人々くらいでしょう。
普通の人は、「ページ内にある画像だね」と思うでしょう。
技術的には「参照」でも、実質的には「転載」になってしまいます。


*** 技術は裏側の話 ***

技術は、あくまでも裏側の話です。
表面に見えることの実現手段として、裏側で使われているに過ぎません。
技術の話を主軸に据えると、現実を度外視した論になりかねません。


*** ちなみに ***

ちなみに、HTML文書は、単にテキストを構造化した文書です。
Webブラウザでグラフィカルな画面を出すための専用文書ではないです。
だから、ブラウザ表示ではなく、文書構造内でどう書かれているかが重要という説は、あります。
でも、それも現実を度外視した技術論でしょう。

確かに、ブラウザでの表示は、見え方のひとつに過ぎません。
でも、圧倒的多数の人がブラウザで見るんです。
その現実を前提に考えないと、現実に合わない空想論になってしまいかねません。


この記事に対するコメント
現在、このブログでのコメントは、管理人へのメッセージになります。
原則として、公開されませんし、返事もありません。

この記事に対するコメントの投稿(管理人へのメッセージ)


(基本的に不要)
← 書いても、まず返事はありません。










管理者にだけ表示を許可する ← チェックを外しても、たいてい非公開です。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。