↑本館は、こちら。
「絵板のマナー講座」の別館
管理人向けと訪問者向けの記述があるので、カテゴリーを選ぶと見やすいですよ。 移転検討中。

絵板のマナー 利用者編
...
...
... ... by 絵板のマナー講座

Lc.お勧めマナーサイト

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索
マナーの記事は雑記にもあります。

Lc.探しタグクラウド


Lc.ワードハイライト

Lc.ツリーリンク

RSSフィード

FC2カウンター
(2006.06.27~)

スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


注意書き以外の入り口、設けてませんか? 管理人マナー 運営編
注意書き以外の入り口があるのなら、注意書きを見ない人がいるのは当然のことです。
掲示板でも、注意書きの存在を目立つよう告知していない限り、管理人の落ち度でしょう。
訪問者を責めるのは、責任転嫁ですよ。

.
*** 注意書きだけが入り口ですか? ***

注意書き以外の入り口を管理人が設けたとしたら、それは管理人の不注意でしょう。
そのままでは、注意書きに気づかない人が多くても当たり前です。
お客さんを責める前に、不注意な自分自身を責めましょう。


*** 検索サイトも ***

それに、検索サイトからのお客さんは、入り口なんて関係ないですよ。
そういうお客さんのことも想定して、運営しましょう。


*** Webですから ***

ちなみに、トップページから来るのが礼儀なんてのは、ネットマナーではないです。
Webというものを理解していない人の、思い込みというか、何と言うか・・・。
サイトは家じゃないわけで、入り口を固定するという考えには無理があります。

どちらかと言えば新聞に近いです。情報の宝庫で、投書欄もあって、どこからでも読めます。
テレビ欄でも、スポーツ欄でも、興味のある記事から気軽に読める新聞って、便利ですね。
「必ず社説から読め」なんて命令されたら、そんな新聞、不便です。
・・・ガイドラインに合わない投書は、採用されませんけどね。


この記事に対するコメント
現在、このブログでのコメントは、管理人へのメッセージになります。
原則として、公開されませんし、返事もありません。

この記事に対するコメントの投稿(管理人へのメッセージ)


(基本的に不要)
← 書いても、まず返事はありません。










管理者にだけ表示を許可する ← チェックを外しても、たいてい非公開です。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。