↑本館は、こちら。
「絵板のマナー講座」の別館
管理人向けと訪問者向けの記述があるので、カテゴリーを選ぶと見やすいですよ。 移転検討中。

絵板のマナー 利用者編
...
...
... ... by 絵板のマナー講座

Lc.お勧めマナーサイト

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索
マナーの記事は雑記にもあります。

Lc.探しタグクラウド


Lc.ワードハイライト

Lc.ツリーリンク

RSSフィード

FC2カウンター
(2006.06.27~)

スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サイトのトップ以外への直飛びはNG?? 管理人マナー 知識編
ネットマナーサイトでよくある記述で、気になるもの・・・
「サイトのトップ以外にリンクやブックマークするのは、不法侵入(裏口や窓からの侵入)と同じ」
・・・明らかに間違っていますよ。

.
*** 閲覧自由が前提の場所です ***

インターネットでは、リンクもブックマークも自由というのが基本です。
トップでないと犯罪者呼ばわりなんて、ひどいことですよ。
書き込みはともかく、万人に公開されたページで「閲覧」の方法を強制する権利は、管理人にもないです。


*** カウンター回しの義務? ***

もし客にカウンタを回す義務があると言うのなら、各ページにカウンタを設置すれば良いですよ。
ページごとのアクセス数が分かると、人気のあるページが分かるわけで・・・。
サイトの改善に役立って、便利ですよ。


まあ、お客さんにカウンターを回す義務なんて、ないですけどね。
見る対価とか言っても・・・それ、押し売りですよね?
あなたのサイトは、全ての人にとって、対価を払いたくなるサイトですか?
好みは、人それぞれですよ?


*** URLが変わるから? ***

トップ以外のURLが変わりうるということなら、管理人がそれを説明しておけばOKです。
各ページに直に飛ぶのは、訪問者の自己責任において当然の自由です。
リンク切れしかねないページにリンクするのも、リンクする人自身の判断でOKです。
管理人が余計な世話を焼いて「命令」する必要はありません。


*** 好かれましょう ***

好きなサイトが「トップに!」と言っていたら、トップにするでしょう。それだけのことです。
訪問者に好かれる管理人なら、訪問者だって管理人のお願いは聞きたくなるものですよね。
それでも各ページに飛ぶ人もいるでしょうが、それは当然のことなので、騒ぐのがおかしいです。


*** 公開されているわけで ***

万人に公開されたページなら、「閲覧」の方法については、管理人は「お願い」しかできません。
その「お願い」に反する閲覧の仕方をする人がいても、それは自由なので問題ありません。
強制したいのなら、万人に公開する事自体が間違っています。
でも「閲覧」でなく「投稿(書き込み)」の場合は、管理人が制限をかけて良いと思いますよ。


*** 公開したのは自分でしょう ***

誰でも自由に閲覧可能できる形で公開したのは、管理人さん自身ですよね?
自由な閲覧を禁止したいのなら、そんな形で公開した管理人さんが間違っていますよ。
他人に責任転嫁するのは楽ですが、自省して改善しないと、進歩しませんよ。

本当にアクセス方法を制限したいなら、自由なアクセスを物理的に禁ずるべきでしょうね。
例えば、CGIやSNSを使ったパスワード制にするとか・・・手段はあります。


*** お知らせを見ずに問い合わせ? ***

トップに・・・という理由には、「トップページにお知らせが載るから」ということもあります。
お知らせを見ずに、管理人にメールで問い合わせたりするのはNGだから・・・とのこと。

一理あるようにも思えますが、少し論点がずれているように思います。
管理人に問い合わせる行為は、管理人に手間を強いるということでしょう?
管理人に手間を強いるのならば、その前に自分自身の手間を惜しむなということですね。
閲覧方法やリンクの問題ではなく、管理人にアクションを求める人のマナーの問題なんです。


*** ケースバイケース ***

ともあれ、管理人が「トップページに!」と明言する場合には、それなりの理由があるものです。
素直に従うと、結果的には訪問者の利益に適うことが多いですね。
でも、単に不便になるだけなら、直接のリンクで良いと思いますよ。

その管理人と仲良くお付き合いしたい人なら、管理人の「お願い」を聞けば良いのですけど。
そうでもない人にまで押し付けるものではないですね。


*** マナーではないです ***

「管理人への思いやりとして、トップに」という心がけは、立派ですよ。
でも、そうしない人を責めることは、「言いがかり」です。

「ワンランク上の心がけ」として守っていただく分には、素晴らしいことですよ。
でも、「マナー」と呼ぶべきものではないです。

「マナー」と名づけると、どうしても守らない人を責めたくなる人が出てきます。
悪くもない人を「マナー違反」と言って責める根拠になったら、良くないですね。


この記事に対するコメント
現在、このブログでのコメントは、管理人へのメッセージになります。
原則として、公開されませんし、返事もありません。

この記事に対するコメントの投稿(管理人へのメッセージ)


(基本的に不要)
← 書いても、まず返事はありません。










管理者にだけ表示を許可する ← チェックを外しても、たいてい非公開です。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。