↑本館は、こちら。
「絵板のマナー講座」の別館
管理人向けと訪問者向けの記述があるので、カテゴリーを選ぶと見やすいですよ。 移転検討中。

絵板のマナー 利用者編
...
...
... ... by 絵板のマナー講座

Lc.お勧めマナーサイト

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索
マナーの記事は雑記にもあります。

Lc.探しタグクラウド


Lc.ワードハイライト

Lc.ツリーリンク

RSSフィード

FC2カウンター
(2006.06.27~)

スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


相手を低く見せようとするのは痛いです。 掲示板訪問者マナー 一般編
会話が論争っぽくなって、イライラしてくると、相手を低く見せようと演出する人、たまに見かけます。
でも、ご自身の幼稚さを演出する結果になって、なんだか痛々しいです。

.
*** どういうこと? ***

例えば、「私が罵倒したって、どういうことですか?」と言われたとします。
「罵倒という言葉も知らないとは思いませんでした」みたいに返すのは、いかがなものかと。
ちょっと例が悪いかとは思いますが、分かりやすい例かと。

イライラしてくると、どうしても相手を低レベルに見せたくなるんでしょうね。
でも、なんだか稚拙な、精神年齢の低い感じがします。


*** 精神年齢? ***

実際、感情のままに書いてしまうのは、精神年齢が低い場合が多いでしょうね。
イライラする感情のまま文章を書くと、他人からはバカっぽい文章に見えたりします。
感情を抑え、自分自身に冷たい視点を持ちつつ書かないと、良くないでしょう。
それをできるか否かが、精神年齢の違いでしょうね。

無理に大人ぶって冷静に書いた「つもり」の文章も、痛々しいのですけどね。
精神年齢が上がらなければ、どうしようもないということかも。


*** 何か対処を ***

感情を抑えづらいときは、落ち着いて書けるまで文章公開を見合わせるのが良いでしょう。
深呼吸して、お茶でも飲んで、それでダメなら日を置いて、落ち着いてから書きましょう。
書いた文章を、信頼できる人にチェックしてもらうのも良いかも知れませんね。
感情を抑えづらい性格なら、時間など何かで補う手があるのですよ。

感情を抑えられない性格なら、自覚して、それなりに対処を考えてみましょう。
自分の特性を把握し、抑えることができれば、立派な大人ですよ。
性格を是正できればベストですが、できないのなら現実的な対処を考えましょう。


この記事に対するコメント
現在、このブログでのコメントは、管理人へのメッセージになります。
原則として、公開されませんし、返事もありません。

この記事に対するコメントの投稿(管理人へのメッセージ)


(基本的に不要)
← 書いても、まず返事はありません。










管理者にだけ表示を許可する ← チェックを外しても、たいてい非公開です。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。