↑本館は、こちら。
「絵板のマナー講座」の別館
管理人向けと訪問者向けの記述があるので、カテゴリーを選ぶと見やすいですよ。 移転検討中。

絵板のマナー 利用者編
...
...
... ... by 絵板のマナー講座

Lc.お勧めマナーサイト

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索
マナーの記事は雑記にもあります。

Lc.探しタグクラウド


Lc.ワードハイライト

Lc.ツリーリンク

RSSフィード

FC2カウンター
(2006.06.27~)

スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


何を描くべきか、サイト見て気づけって? 管理人マナー 応対編
サイト付属のお絵かき掲示板では、サイトに関係ある系統の絵が好まれやすいですけど。
関係のない絵を描くのは非常識、という考え方で他人を激しく責めるのも、良くはないかと。

.
*** 常識とまで言えますか? ***

そういう流儀の中で慣れてきた人にとっては、常識なんでしょうね。
でも、一般の方々には、常識なんでしょうか。

お絵かき掲示板には、検索から直接来る人だって、いるでしょうね。
サイトまで見てから描く人ばかりとは限らないですよ。

まずサイトを見るのを義務みたいに考えている人は、もう少し柔軟に考えてみても良いのでは?
サイトを見てから描くのは推奨されて良いと思いますが、他人に強制して責めるのは、・・・。


それに、ジャンル通りの絵じゃなくても良いお絵かき掲示板も多いですよ。


*** 空気か ***

空気を読めば、空気に合わせて描くのは普通だと思いますけれどね。
敢えて空気と違うものを描くことで、新鮮さが生まれることだって、あるでしょう。
「こういう絵も好きかな?」と思って、好意で違う絵を描いてくれる人もいるでしょうね。

悪意のない人に悪意をぶつけるのは、良いことではありません。
ジャンル違いの絵が来ても、相手に悪意がないのなら、そんなに責めるほどのことではないです。


*** 明示とか ***

ジャンル違いの絵を描かれたくないのなら、分かりやすく、そう明示しておきましょう。
目立つ場所にある注意書きに、その旨を書いておけば良いのですよ。
完全な予防にまではなりませんが、ルールとして明示することは大切です。

あとは、そのつど、「お願い」みたいな感じで控えていただくのが良いでしょう。
相手を責めても、板の雰囲気が悪くなるばかりですよ。


*** この記事の対象者は? ***

なお、この記事は、運営者側の人とか、マナーにうるさい人に向けています。
そうじゃない人に向けた記事ではないので、ご注意を。

サイトの傾向を読むべきというのは、その通りだと思いますよ。
私も、普通の訪問者向けにはそう書いています。
この記事を、ジャンル違いOKな免罪符のように考えてもらっても、間違っていますよ。

ただ、常識だと信じすぎて他人を責めるのも、良くないでしょう。
マナーにこだわりすぎて、マナーの意味を間違えているのかも知れませんね。
何のためにマナーがあるのか、考えてみてはいかがでしょうか。


この記事に対するコメント
現在、このブログでのコメントは、管理人へのメッセージになります。
原則として、公開されませんし、返事もありません。

この記事に対するコメントの投稿(管理人へのメッセージ)


(基本的に不要)
← 書いても、まず返事はありません。










管理者にだけ表示を許可する ← チェックを外しても、たいてい非公開です。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。