↑本館は、こちら。
「絵板のマナー講座」の別館
管理人向けと訪問者向けの記述があるので、カテゴリーを選ぶと見やすいですよ。 移転検討中。

絵板のマナー 利用者編
...
...
... ... by 絵板のマナー講座

Lc.お勧めマナーサイト

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索
マナーの記事は雑記にもあります。

Lc.探しタグクラウド


Lc.ワードハイライト

Lc.ツリーリンク

RSSフィード

FC2カウンター
(2006.06.27~)

スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


俗に言う「直リンク」って、2種類あるんです。 その他 基礎知識
「直リンク禁止」という言葉をよく見かけますが、この「直リンク」には、意味が2種類あります。
どちらの意味で使っているかは人によって違うので、困りますね。
ちょっと解説しておきます。

.
*** まず定義です ***

一般に「直リンク」と言われているものには、2種類あります。

(1)「Aタグでの直リンク」
  → 他人のサイトの、トップ以外のページに、直接「ハイパーリンク」することです。
    「ディープリンク」とも呼ばれています。

(2)「IMGタグでの直リンク」
  → これは、他人のサイトの画像を直接参照するIMGタグを、自分のサイトのHTMLに置くことです。
    背景画像への指定とかも含みますよ。


*** で、痛い誤解 ***

で、ですね。
(1)の「直リンク」は、相手のサーバに負担をかけるからダメと、某サイトに書いてありました。
でも、相手のサーバに負担をかけるのは(2)なんです。(1)じゃないです。
むしろ、indexから目的のページまで各ページを表示しなくて良い分、(1)は相手サーバの負担を減らします。
(2)が禁止かどうかは一概には言えません。相手のサーバの決まりによります。


*** 追記 ***

imgタグの直リンクは、他人の作品に見えないので、かなり盗作とみなされやすいようです。
やらないようにしましょう。やるとしても、絶対に誤解を招かないようにコメントで徹底して説明しましょう。
また、相手のサーバの規約を確認しましょう。imgタグの直リンクは禁止の場合が多いです。

でも、説明を尽くしても、相手の了解を得ていなければマナー違反でしょうね。
法律的にも、「無断使用」でNGかも。技術的には「参照の提示」でも、実質上は違いますから・・・。

appletタグとかobjectタグでも、「直リンク」と呼ばれることはあるようです。
でも、そこまで言い出すとキリがないので、省略です。


この記事に対するコメント
現在、このブログでのコメントは、管理人へのメッセージになります。
原則として、公開されませんし、返事もありません。

この記事に対するコメントの投稿(管理人へのメッセージ)


(基本的に不要)
← 書いても、まず返事はありません。










管理者にだけ表示を許可する ← チェックを外しても、たいてい非公開です。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。